離型剤はメヤニができるのを防いで製品成形の際に役立ちます

工場地帯

メヤニを防いで快適に成型作業を処理できる塗布の簡単な離型剤

作業員

金型を使った流れ作業で数多くのプラスチック製品やゴム製品を一度に製造する成形作業の現場では、いくつかストレス源になることがあります。例えば、離型剤を使っていて、成形の都度メヤニが生じたり、連続離型をしているうちに離型性能がすぐに劣化して、成形失敗作がたくさん出てしまうことなどはその典型です。メヤニも出ず、離型性能が落ちてきたときにすぐに手を打てるような、便利な離型剤はないものかとお考えなら、是非、フッ素コーティング剤を主成分とするフッ素系離型剤を試してみるといいでしょう。
どのような離型剤を使っていても、連続離型によって離型効果が低下するのは避けられないと考えた方が良いでしょう。離型効果の持続性という意味でも、フッ素系離型剤は確かに優れていますが、離型効果が下がってきた場合は、単純に現場で手軽に追加塗布さえできれば、問題はあっさり解決できるでしょう。フッ素系離型剤は、刷毛で塗布するリキッドタイプや、スプレー噴射タイプなどの製品があり、現場での追加塗布、再塗布は極めて容易です。加えて、追加塗布したあとの乾燥に要する時間も短いため、現場作業を長時間中断しなければならないストレスも、殆ど感じなくて済むはずです。離型剤を使うことでメヤニができるのを防ぎ、作業効率も上げることができます。

メヤニを防いで製品等を綺麗に成形するにはフッ素系離型剤がおすすめ

ゴム製品、プラスチック製品、そしてシリコン製品等の製造過程では、製品の形づくりのために金型という道具を使います。液状の原材料は、そのままでは何の形も持っていませんが、製品規格に合わせて用意された金型に流し入れることで、製品としての形を整えることが出来るのです。ただ、成形さえすれば、それで製品が出来上がるかというと、そう簡単ではありません。成形が出来たら、金型から外さなければ、製品として利用することが出来ません。ところが、金型からゴムやプラスチック、シリコンを剥がそうとすると、くっついてしまって、なかなか剥がれないことがよくあります。そのため、この工程を容易にするツールとして、離型剤が使われるのです。
特に、主成分がフッ素コーティング剤のフッ素系離型剤は、成型の際にはメヤニが出ず、成形終了後の取り出し過程では強い力を使わなくても綺麗に成形物と金型を引き剥がせるという優れた性能を発揮します。現在、何か主成分の異なる他の離型剤を使っていて、メヤニの発生や、製品を金型から分離する際の型崩れ、破損といった問題に悩んでいるなら、フッ素系離型剤を使ってみましょう。そうすれば、メヤニが出たりといった悩み事も簡単に解決できるはずです。

メヤニを防ぎ成形しやすくする離型剤は様々な現場で役立ちます

我々の生活は、様々な便利な製品によって支えられています。中でも、シリコンやゴム、そしてプラスチックといった素材が発見され、こうした素材の加工方法が編み出されたことは、産業界と一般の人々の生活の両方を格段に豊かかつ便利なものに激変させました。しかし、素材や加工方法だけでは、便利な製品を生み出すことはできません。プラスチック等の素材に製品としての実用的価値を与えるためには、優れた成形技術と成形に使う薬剤が欠かせません。その薬剤として使われる代表格の一つが離型剤です。
離型剤は、ゴム等の素材に製品を成形するために金型を使う際、その内壁に塗布して利用します。フッ素コーティング剤が主たる成分のフッ素系離型剤を使うと、離型の際にいわゆるメヤニも出にくく、かつ薄塗りしただけでも金型から成形物を簡単に剥がすことが出来ます。メヤニが出てしまったり、あるいは、離型剤の成分によっては、金型に塗布した離型剤が成形物に転移してしまったりしますが、こうした種類の離型剤を使うと、成形物の洗浄など後処理のためにひと手間必要になります。フッ素系離型剤を使うと、メヤニを防いで手間をかけることなく製品の完成形を作ることができて、とても効率的な上にクリーンな状態で成形作業が出来ます。

手軽さが人気のスプレータイプや刷毛で塗布できる離型剤

ものづくりの仕事では、必要な材料や道具を一式揃えたら、連続作業で作る方が効率よく仕事ができます。作業途中で原材料が不足したり、作業に必要な機械がとまったりすると、原材料を買いに行く、機械の様子を調べて復旧のための手を打つなどしなければなりません。このような形で作業を中断すると、流れ作業のリズムが崩れて、再開後に元…

種類ごとに離型剤の特徴や効果を把握すれば最適な製品を選べる

多くの製造業者では、一つの素材で多くの種類の製品を作り、かつ素材についても複数の異なる素材を扱っていることも珍しくありません。シリコン製、ゴム製、プラスチック製の製品をすべて手掛けている製造業者もあるでしょう。そんな会社では、成型の際に使う離型剤を上手く選ぶことが大切です。成分の異なる離型剤は、それぞれ効果も違い…

多種多様なプラスチック製品を綺麗に形造れるフッ素系離型剤

プラスチック製品の用途は幅広く、産業用の製品・部品として使われるものもあれば、一般消費財として製造されている玩具類や美容・健康グッズ、お掃除用品にキッチン用品等々、色々な製品が巷にあふれています。それだけプラスチックという素材が、リーズナブルで加工しやすく便利だからと言えるでしょう。しかし、素材の優秀さだけではな…

壊れやすく成形が難しい薄型のゴム製品等も離型剤使用で綺麗に作れる

ゴムやシリコンを素材として使った便利な製品は市場に沢山あります。近年、製品の形状に関して、消費者がよりスリムでスタイリッシュなものを好むようになっていることから、ゴム製品やシリコン製品のメーカーも、そうした製品を綺麗に作るニーズに迫られています。しかし、金型に材料を注入して固めるという製法の都合上、極薄の製品を破…

New Posts

2019年08月19日
壊れやすく成形が難しい薄型のゴム製品等も離型剤使用で綺麗に作れるを更新しました。
2019年08月19日
多種多様なプラスチック製品を綺麗に形造れるフッ素系離型剤を更新しました。
2019年08月19日
種類ごとに離型剤の特徴や効果を把握すれば最適な製品を選べるを更新しました。
2019年08月19日
手軽さが人気のスプレータイプや刷毛で塗布できる離型剤を更新しました。